HOME > 交通事故・むち打ち症治療

交通事故・むち打ち症治療

当院は交通事故診療、むちうち症診療に自信があります。

当院では、交通事故によるむちうち、頭痛、めまい、身体の痛み等の様々な臨床を重ね、交通事故施術を得意としています。
医学界の臨床レポートにも、交通事故の強い衝撃によって、全身の関節の動きが悪くなり、炎症が強くなり腫れて症状が強くなる事例が数多く報告されています。

当院は全身調整を得意としていますので、まず、事故の状況やケガの症状、その後の経過などを詳しく確認させていただいた上で、お一人お一人の症状に応じた診療を行っていきます。
交通事故は、一般的なケガよりも体に掛かる負担が大きいケースが多く、早期の適切な施術を行わない場合、後遺症に悩まされることもあります。ですので、早期の施術が最も重要になります。

実は、院長の私も過去に事故によってむちうちになり、首痛、腰痛、頭痛を患ったことがあり、すぐに治療をしたので症状を改善することができました。症状が出ていた時は、この症状がいつまで続くのだろうと不安になった記憶があります。ですので、事故に遭われた方の気持ちが少しは分かりますので、何でもご相談くださいね。

「頭痛がする」「むち打ちかもしれない」「めまいがする」「たいしたことはないけれどちょっと心配」「腰痛が出てきた」「膝が痛い」といった不調を感じられる方から、骨折後や強い症状の方まで、お気軽にご相談ください。
他の整骨院に通院されている方で、症状が思った程改善しないと思われている方もご相談に乗らせていただいています。当院では、ご相談のみでも無料でお受けしています。

むちうち症状について

むちうち(頚部捻挫)は交通事故による後遺症として、高い比率で発生します。
むちうちとは、交通事故で車から追突された場合、体が前に押し出されて頭だけが残り、首が「鞭がしなる」ような状態になることから「むちうち」と呼ばれています。症状は首から肩にかけての痛み・めまい・頭痛・吐き気などが一般的です。
原因としては車から追突された際、頸椎(首)・胸椎(背部)・腰椎に急な力が加わり、その関節が持つ運動範囲(可動域)以上の動きを強制されることによって、筋肉・靭帯・関節などに損傷を加える状態です。 むちうち症と診断される症状の殆どがこの頸部捻挫型と考えられています。
不意に強い衝撃を受けると関節が引っかかって動きが悪くなり、炎症がおこり腫れてきます。ですので、医療機関でレントゲンを撮っても骨には異常が見つかりませんので「原因不明」となってしまうことがあります。(筋肉・靭帯はレントゲンに映りません。)

当院では全身調整により、むちうちで痛みが出ている頚椎(首)だけではなく、骨盤から全身を調整し、痛み、しびれ、だるさなどの症状を和らげ、身体を人間本来の正しい姿に戻す施術を行っています。
交通事故の後遺症は、放置すると痛みや機能障害により2次的障害を起こすことがありますので、早期のきちんとした施術と、症状が完治するまで施術をされることを強くお勧めします。

当院では初回時に理想的な施術間隔、回数、自己対策法をご提案します。
常に患者さんに寄り添って施術を進めますので、お悩み、疑問点、質問等をいつでもお受けする体制にしていますので、安心して通院してください。

交通事故・むち打ち症治療の流れ

@病院・整形外科

病院・整形外科でレントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。

A当院へ

損保会社に整骨院での診療を希望する旨の連絡をお願いします。

B問診

詳しい症状・事故の状況をお聞きします。

E会計

自賠責保険が適用されたら、費用は発生しません。

Dカウンセリング
整形外科・レントゲン

C診療


交通事故の「むちうち症」の施術期間は約3〜6ヶ月間です。
早期の適切な治療にて症状が完治するまで、できる限り来院される事をお勧めします。

交通事故・むち打ち症治療 Q&A

施術費用はいくらかかるの?
自賠責保険が適用となる場合は、窓口負担は発生しませんので、ご安心ください。
病院・整形外科等の医療機関と同時期に通うことができるのでしょか?
交通事故の治療は、病院・整形外科等の医療機関に通いながら整骨院で診療を受けることが可能です。
軽いけがなので医療機関で検査は受けていませんが・・・
交通事故は、時間が経ってから症状が出ることが多々あります。軽いケガだと決めつけず、医療機関でレントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。
当院では提携の医療機関をご紹介することもできますのでご相談ください。
自賠責保険の申請手続きは面倒なのでしょうか?
当院は、損保会社との交渉・やり取りについて、無料で相談に応じていますのでお気軽にお問合せください。
<< 前のページへ戻る|▲ページ上部へ戻る
TOP
<< 前のページへ戻る|▲ページ上部へ戻る